産後ダイエットと骨盤の歪み

そういえば、子供が出来た話をした話があったので、産後のダイエットについて私の知ることを書いてみたいと思います。

赤ちゃんを産んだ後のダイエットをするうえで気をつけなければならないのが骨盤のゆがみだと言われています。女性の方は参考になるかもしれませんので、色んな情報を集めて行ってくださいね。

赤ちゃんを産むときに体を支えるための骨盤が少し歪んでしまいますが、これが原因で太ももやウエストに脂肪がつきやすい状態になってしまいますし、その上脂肪がつくと骨盤を元に戻しにくくなってしまうためより脂肪がつくという悪循環に陥ってしまう場合もあります。

骨盤のゆがみを解消する方法として背筋と腹筋を鍛えることという方法があります。
出産までの間に赤ちゃんを守る体制を維持し続けているので想像以上に背筋と腹筋の機能が衰えてしまいその結果骨盤がゆがんでしまっているので、この二つの筋肉をしっかりと鍛えることで骨盤が元に戻っていきます。

しかし産後で疲れた体な上に出産をするまで病院で寝たきりになっているので必然的に運動不足になっていますので、あまり無理をしないダイエット運動を毎日続けていくことが必要になってきますのでダイエット運動を毎日続けてしっかりと元の体に戻れるようにしましょう。

運動をすることは体にとってもフレッシュな状態になれるので、良いと思います。ただ、授乳中は食べ物に気をつけてください。

授乳が終わった際は、増えた体重をコントロールするにはある程度の摂取カロリーの制限が必要。

運動だけでは追いつかないはずです。

体のリセットには酵素ドリンクを使った断食なども良いみたいです。

無理しない程度にダイエットしてみてください。

ファッションなんてという気持ち

誰かに相手にされないと、自動的に人間というのは自然にといったほうが良いかもしれませんが、防御本能が働いて、そんなものはくだらないという気持ちになるのです。

しかし多くの人が、それでもファッションについて凄く気を使っていますし、たとえば子供が出来てしまった場合などは仕方がない面もあるかもしれません。諦めることもあるかと思います。

しかし独身だったら好きなものを着て楽しんだほうが良いと思っています。

所詮はファッションなんてという気持ちがあったほうが楽になるのかもしれません。

以前の記事でとってもカッコよすぎることを書いてしまいましたが、しかし自分は自分。そういう気持ちがあったほうが断然自分には良いと思います。

ファッションとは何か

ファッションをしていくうえで大切なのがおしゃれが格好いい服装をするだけではないと思っています。おしゃれと思う定義は、「時と場合に応じた身だしなみ」ができることだと思っています。

おしゃれは自己満でも特に構わない、着たい服を買ったって、いつどこで着たってその人の勝手、っていうのはちょっとおしゃれとは違うんじゃあないかと思うわけです。

学校に行くのに制服がある、体育をするのに体育着があるのと同じように、用途用途に合わせた身だしなみが出来る人こそ最高におしゃれだと私は思います。お葬式にど派手な格好で現れて空気をぶっ壊してこれが俺のスタイルって叫ぶのもいいですけど、そんなんじゃ人間として格好悪いです。

バーベキューや野外活動にキメキメの動きづらい格好できて、服にばかり気を取られちゃうのもアレですし、遊園地にもキメキメでくるのも「その場」を理解していない人何じゃあないかとも思います。絶対にちょっとばかしラフな格好でスニーカー履いたほうが動きやすいですし、その場に馴染みます。個性を発揮するにしても、その場その場に応じて個性を発揮できたほうが自分らしいです。

実際ファッションを好きな人ほど、様々な場面に応じたファッションを心がけることを意識しています。

つまり、こだわりを持つこともそうですが、どういったファッションをすればいいのかということを考えるわけですね。

たとえば年齢についてです。

年相応というファッションも、年よりも若く見えるファッションも自由自在に行ったり来たり出来る人をオシャレというのかも知れません。

年齢だからこの服を着ろというのはないのです

こちらのサイトがおススメですので、リンクをご紹介

このサイト

誰だって幸せになりたい

人生の最高の瞬間を探して、旅をするのが人間だと思います。

何か好きなものに触れているだけで、幸せを感じられることは人間の最高の喜びだと思います。

あなたの幸せはなんですか?

私の幸せはファッションや健康などです。

ファッションが大好きなので、ファッションのことについてばかり考えています。

もちろん服装のことだけではなく、健康的なことや楽しいことなどもたくさん考えることもありますが。